アイケイコーポレーションは12日、オートバイ駐車場事業を展開する子会社のパーク王を吸収合併すると発表した。

パーク王は、アイケイグループがオートバイユーザーの利用環境向上を目的として2006年に設立したが、業績は伸び悩んでいた。

同社はオートバイ駐車場事業を今後も継続し、今回の吸収合併で信用力の強化、収益性の向上等を推進するとしている。