8日午前6時40分ごろ、岩手県盛岡市内の県道を走行中の乗用車が路外に逸脱。スピンしながら道路左側の建物に衝突する事故が起きた。この事故で運転していた20歳の男性が意識不明の重体。助手席の同乗者は無事だった。

岩手県警・盛岡西署によると、現場は盛岡市月が丘付近で片側2車線の直線区間。乗用車は凍結路面でスリップ。スピンしながら路外へ逸脱し、運転席側から道路左側の建物に突っ込んだ。

クルマは中破。運転していた20歳の男性は頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、意識不明の重体となった。助手席に同乗していた20歳の男性にケガはなかった。

現場の路面は完全凍結状態となっており、警察ではスリップして制御困難に至ったものとみられている。2人は滝沢村内で開かれる成人式に向かう途中だった。