ホンダ・アコードクーペ・コンセプト(デトロイトモーターショー12)

米国で開催中のデトロイトモーターショー12。ホンダがワールドプレミアした『アコードクーペコンセプト』は、ホンダ初の市販プラグインハイブリッド(PHV)以外にも、注目点は多い。

アコードコンセプトは、次期『アコード』(日本名:『インスパイア』)を示唆した1台。日本市場では販売されない2ドアクーペ仕様が、デトロイトモーターショーで披露された。

PHVが話題となったアコードクーペコンセプトだが、販売の主力となるガソリンエンジン搭載車も、大きな進化を遂げている。それは、ホンダの次世代環境技術、「アースドリーム」の採用だ。

アースドリーム技術を導入した新開発の直噴2.4リットル直列4気筒DOHCガソリン「i-VTEC」エンジンは、最大出力181ps、最大トルク24.5kgmを発生。新開発のCVTと組み合せられる。ホンダによると、クラス最高レベルの燃費性能が追求されるという。

次期アコードは2013年モデルとして、米国では2012年秋に発売。アコードは2011年、米国で23万5625台を販売したものの、前年比は16.6%減と後退しただけに、ホンダは新型投入で巻き返しに出る構えだ。

ホンダ・アコードクーペ・コンセプト(デトロイトモーターショー12) ホンダ・アコードクーペ・コンセプト(デトロイトモーターショー12) ホンダ・アコードクーペ・コンセプト(デトロイトモーターショー12) ホンダ・アコードクーペ・コンセプト(デトロイトモーターショー12)