ヒュンダイ・ジェネシスクーペ 2013年モデル(デトロイトモーターショー12)

米国で開幕したデトロイトモーターショー12。韓国ヒュンダイモーターが初公開した2013年型『ジェネシスクーペ』の2.0リットルターボ仕様は、トヨタの新型FRスポーツ『86』を意識している。

ジェネシスクーペは2008年3月、ニューヨークモーターショーでデビュー。ヒュンダイとしては初のFRスポーツクーペで、トップグレードには3.8リットルV型6気筒ガソリンエンジン(最大出力310ps、最大トルク36.8kgm)を搭載。足回りは、ブレンボ製ブレーキなどで強化した。

デビュー以来、初の大幅改良となる2013年モデルでは、フロントマスクを一新。また、3.8リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、直噴化や連続可変バルブタイミング化などの改良を受け、最大出力348ps/6400rpm、最大トルク40.8kgm/5300rpmを引き出す。これは従来比で、42ps、4kgmの強化だ。

さらに、2.0リットル直列4気筒ガソリンの「2.0T」グレードでは、新しいツインスクロールターボチャージャーや高効率のインタークーラーを採用。最大出力は30%アップの274ps、最大トルクは23%アップの38kgmを獲得した。トランスミッションは、6速MTと8速ATだ。

この2.0Tグレードのパワーウェイトレシオは、5.6kg/ps。同社は、「サイオン『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)よりも、パワーウェイトレシオは優秀」と、アピールしている。

ヒュンダイ・ジェネシスクーペ 2013年モデル ヒュンダイ・ジェネシスクーペ 2013年モデル ヒュンダイ・ジェネシスクーペ 2013年モデル ヒュンダイ・ジェネシスクーペ 2013年モデル