トヨタ・プリウス

日本自動車販売協会連合会が発表した12月の車名別乗用車新車登録台数によると、トヨタ『プリウス』が前年同月比27.0%増の2万2998台となり、7か月連続でトップとなった。

2位のホンダ『フィット』は同4.8%増の1万5248台と大差がついた。

スモールカーとハイブリッドカーが上位を占める中、5位に日産『セレナ』、8位にホンダ『ステップワゴン』、10位にトヨタ『エスティマ』がランクインするなど、ミニバンが健闘した。

1位:トヨタ・プリウス 2万2998台(27.0%増)
2位:ホンダ・フィット 1万5248台(4.8%増)
3位:ホンダ・フリード 7817台(32.4%増)
4位:トヨタ・ヴィッツ 7750台(42.9%増)
5位:日産セレナ 6512台(111.1%増)
6位:トヨタ・カローラ 4771台(9.4%増)
7位:トヨタ・ヴォクシー 4678台(47.9%増)
8位:ホンダ・ステップワゴン 4346台(9.2%増)
9位:トヨタ・パッソ 4098台(10.0%増)
10位:トヨタ・エスティマ 3870台(67.3%増)

ホンダ・フィットシャトル