BMW 1シリーズ《撮影 野口岳彦》

日本自動車輸入組合が発表した12月のブランド別輸入車新規登録台数トップ10によると、BMWが前年同月比21.4%増の5183台となり、1年ぶりにトップに返り咲いた。

2位はフォルクスワーゲンで4194台。タイで生産する『マーチ』を輸入販売する日産は1729台で前月の2位から一気に6位に転落した。

1位:BMW 5183台(21.4%増)
2位:フォルクスワーゲン 4194台(33.1%増)
3位:メルセデスベンツ 4081台(31.2%増)
4位:ボルボ 2015台(85.0%増)
5位:アウディ 1753台(21.3%増)
6位:日産 1729台(39.2%減)
7位:トヨタ 1494台(45.0%増)
8位:MINI 1468台(33.2%増)
9位:プジョー 713台(10.2%増)
10位:フィアット 596台(0.5%減)

タイ生産の日産マーチ