ワールドプレミアされた新型メルセデスベンツSL(デトロイトモーターショー12)

9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー12。メルセデスベンツのブースの主役は、新型『SL』が務めた。

SLは、メルセデスベンツの伝統のロードスター。車名のSLとは、ドイツ語で軽量スポーツカーを意味するSport Leicht (シュポルト・ライヒト)に由来する。SLの6世代目にあたる新型は、1954年に誕生した初代が掲げたこのコンセプトの再来を狙う。

SLの車両重量はモデルチェンジの度に、安全性能の向上や快適装備の充実などで増してきた。しかし新型では、メルセデスベンツの量産車としては初めて、オールアルミのボディシェルを採用。先代比で最大140kgの軽量化を実現すると同時に、ボディ剛性を20%以上も引き上げることに成功した。

もちろん、パフォーマンスも一級。米国仕様は、「SL550」(欧州では「SL500」)の1グレードのみ。エンジンは、新開発4663cc直噴V型8気筒ツインターボで、最大出力429ps、最大トルク71.3kgmを発生する。0-96km/h加速は4.5秒と、先代SL550よりも0.8秒速い。

ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長は、プレスカンファレンスにおいて「現在、世界には約9億台の車が存在する。その中でもSLは、デザインや快適性、走行性能などの面で指標とされる存在だ」と述べ、自信をのぞかせている。

ワールドプレミアされた新型メルセデスベンツSL(デトロイトモーターショー12) ワールドプレミアされた新型メルセデスベンツSL(デトロイトモーターショー12) ワールドプレミアされた新型メルセデスベンツSL(デトロイトモーターショー12) ワールドプレミアされた新型メルセデスベンツSL(デトロイトモーターショー12) ワールドプレミアされた新型メルセデスベンツSL(デトロイトモーターショー12) ワールドプレミアされた新型メルセデスベンツSL(デトロイトモーターショー12) ワールドプレミアされた新型メルセデスベンツSL(デトロイトモーターショー12) ワールドプレミアされた新型メルセデスベンツSL(デトロイトモーターショー12)