【ホンダ N BOX 登場】1か月の受注が目標の2.3倍

ホンダは11日、新型軽乗用車『N BOX』の発売後約1か月の累計受注台数が月間販売計画の約2.3倍になったと発表した。N BOXは、2011年12月16日に発売、2012年1月10日現在で、月間販売計画台数1万2000台を超える2万7000台を受注した。

購入層は、30代から40代の子育て中のファミリーを中心に、年齢や性別を問わず幅広い購入層といい、「軽乗用車としては最大級となる室内空間」、「存在感のあるエクステリアデザイン」、「使い勝手が良い大開口の両側スライドドア」「アイドリングストップ機構の採用などによる燃費の良さ」など、が購入のポイントになっている。

タイプ別では、N BOXが50%、N BOX カスタムが50%といった構成比、人気の装備としては、ナビ装着用スペシャルパッケージが46%の装着率で、パワースライドドア(リア右側)が32%となっている。

■カラー構成比
プレミアムホワイト・パール:35%
クリスタルブラック・パール:36%
クリスタルブラック・パール:16%
プレミアムホワイト・パール:21%
クールミスト・メタリック:12%
プレミアムゴールドパープル・パール:17%

【ホンダ N BOX 登場】1か月の受注が目標の2.3倍