7日午前7時50分ごろ、島根県松江市内の山陰自動車道上り線で、追越車線を逆走してきた軽乗用車と、順走していた軽ワゴン車が正面衝突する事故が起きた。双方のクルマは中破。逆走側の運転者が死亡。順走側の運転者も骨折などの重傷を負っている。

島根県警・高速隊によると、現場は松江市宍道町佐々布付近で片側2車線の直線区間。軽乗用車は第2車線を逆走。同じ車線を順走してきた軽ワゴン車との正面衝突に至ったものとみられる。

双方のクルマは中破。軽乗用車を運転していた鳥取県米子市内に在住する48歳の男性は全身強打。近くの病院へ収容されたが、約4時間後に死亡した。順走車を運転していた出雲市内に在住する31歳の男性も右足を骨折する重傷を負っている。

現場は鋼製の中央分離帯が設置されているが、手前の宍道インターチェンジまでは対面通行区間となっており、上下線の間は樹脂性ポールで仕切られている。事故直前には「逆走車とすれちがった」という通報も寄せられており、警察では逆走車が対面通行区間を走行中に誤進入したものとみている。