6日午前11時55分ごろ、栃木県芳賀町内の県道を走行していたワゴン車が路外に逸脱。道路左側のラーメン店に突っ込む事故が起きた。店の建物は半壊。店内にいた客8人が自由軽傷を負った。警察はクルマを運転していた37歳の女を現行犯逮捕している。

栃木県警・真岡署によると、現場は芳賀町祖母井付近で片側1車線の緩やかなカーブ。ワゴン車は対向車線側へ逸脱し、道路右側の縁石に接触。急ハンドルを切った弾みで道路左側の路外へ逸脱し、そのままラーメン店の建物に突っ込んだ。

クルマは客席部分を破壊。当時、店内には生後8か月の乳児を含む客8人がいたが、全員が負傷。うち2人は骨折などの重傷を負っている。警察はクルマを運転していた益子町内に在住する37歳の女を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

現場手前にはスリップ痕が残されており、警察では漫然運転やハンドル操作ミスがあったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。