レクサスLX570の2013年モデル(デトロイトモーターショー12)

レクサスは9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー12において、『LX570』の2013年モデルを発表した。

LX570は、トヨタ『ランドクルーザー200』のレクサス版として、2007年4月のニューヨークモーターショーでデビュー。日本仕様のランドクルーザー200にはない5.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載するなど、よりラグジュアリー志向を強めている。

今回披露された2013年モデルは、現行型のデビュー以来、初の大幅改良。新型『GS』から導入されたレクサスの新しい表情、スピンドルグリルを採用して、表情を一新した。またヘッドランプにはLEDが組み込まれ、テールライトも変更。インテリアは、マホガニーウッドトリムの新採用などで、豪華さに磨きをかけた。

5.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、最大出力383ps、最大トルク55.7kgmを発生。キャンピングカーやボートなどの牽引力を向上させる改良が図られた。レクサスによると、最大トルクの90%は2200rpmという低回転域から引き出されるという。

レクサスLX570の2013年モデル(デトロイトモーターショー12) レクサスLX570の2013年モデル(デトロイトモーターショー12) レクサスLX570の2013年モデル(デトロイトモーターショー12) レクサスLX570の2013年モデル(デトロイトモーターショー12) レクサスLX570の2013年モデル(デトロイトモーターショー12) レクサスLX570の2013年モデル(デトロイトモーターショー12) レクサスLX570の2013年モデル(デトロイトモーターショー12)