ポルシェ911カレラ

ポルシェは10日、2011年の世界新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、新記録となる11万8867台。前年比22%増と大きく伸びた。

2011年は全販売地域で販売台数が増加。中でもアジアが最も好調で、同44.0%増の4万2971台。特に中国は同64.6%増の2万4340台と最大の伸びを記録した。

欧州は同10.8%増の4万1546台。地元ドイツは同13.2%増の1万4959台を占めた。また、北米は同12.4%増の1万6938台を記録した。

モデル別では、『カイエン』の人気が最も高く、5万9897台を販売した。

ポルシェのマティアス・ミューラー社長兼CEOは、「12万台には届かなかったが、2011年はポルシェにとって新記録の年となった。我々は2012年にも成長を続ける。ニュー911がマーケットを大いに活気づけるはずだ」とコメントしている。

ポルシェ・カイエン