メイン会場となるLVCC・ラスベガスコンベンションセンターの正面入口。ここはすっかり準備が整ったようだ《撮影 会田肇》

10日よりスタートする世界最大の家電ショー「International CES2012」。開催前日となり、メイン会場のラスベガスコンベンションセンター(LVCC)は、その準備に大わらわ。対象がITやAVから、EV関連として自動車メーカーも多数出展。来場者数は昨年を大幅に超える見込みだ。

アメリカは失業率が若干改善し、消費動向も上向いている中、新年を迎えた。それだけにここラスベガスは週末ともなると大勢の人出で賑わう。そうした状況下で開催されるCES2012は来場者が増えるのも当然なのかもしれない。

ただ、プレスカンファレンスはどこも入場するのに長蛇の列で、入場するのにも一苦労。昨日開催されたUnveiledで予想はついたものの、その列の長さは半端じゃなく、入場すればどこも隙間一つ見つからない。そんな中、サムスンの入場では2時間も前から並ぶ人が現れ、ついに並んでいても入場できない状態も発生した。

こんな状況だから、せっかく入場しても次のプレスカンファレンスへ向かうために途中で席を立つ人が続出。カンファレンスは大体45分ほど行われるが、30分ぐらいで場内がざわつき始めるのだ。これは異常とも言える状態だ。

とはいえ、各社が趣向を凝らして開くプレスカンファレンスだけに、どんなイベントが開かれるのかも楽しみの一つ。なかでもソニーは、毎年大物スターを呼ぶことで知られ、今年は誰が来るのかに興味津々。そんな中、現れたのはハリウッドスターのウィル・スミスと、女性歌手のケリー・クラークソンの二人。

ウィル・スミスは間もなく公開される映画『MIB3』のPRも兼ねての登場だが、間近でハリウッドスターが見られるチャンスはそう多くない。その後はケリー・クラークソンによるミニライブも開催され、なかなか豪華な雰囲気の間かで9日のプレスカンファレンスは終了した。

LVCCの正面駐車場で開催される屋外イベントはこのテントを中心に開催される《撮影 会田肇》 LVCCセントラルホールの通路。おそらく明日からは横切るのも難しいぐらいの人出となる可能性大《撮影 会田肇》 入場制限が出たサムスンのプレスカンファレンス。会場内は取材するプレスで熱気に包まれた《撮影 会田肇》 サムスンのプレカンに入場する列。とにかく広大なベネチアンの通路で列が左右に分かれて折り返すほど《撮影 会田肇》 シャープの会場も全く隙間なしの状態。液晶TVの新製品に対する熱い視線が注がれた《撮影 会田肇》 ソニーのプレカン。話題のデュアルコア搭載のXPERIAをはじめ、多数の新製品が紹介された《撮影 会田肇》 MIB3のPRを兼ねて会場に現れたウィル・スミス《撮影 会田肇》 最後の締めは、ケリー・クラークソンによるミニライブ《撮影 会田肇》