注目度ナンバーワンだった有機ELパネル採用の7.7型タブレット。画質が素晴らしかった

CES012に先んじてプレスカンファレンスのトップを切ったのが東芝だ。8日に発表したのは有機ELを採用した7.7型タブレットや米国向けの55型4Kパネル搭載のグラスレス3Dテレビなど。なかでもタブレットは「今回のCESでもっとも大きなテーマ」と位置づける。

カンファレンスで説明を行った東芝デジタルプロダクツ&サービス社の大角正明社長は、タブレットを「スマートホームに対応するデバイス」として位置づけ、そのためにも「2012年中にAVコントローラーなどのアプリケーションを提供」するべく準備を進めているという。会場ではそのデモも行われた。また、2012年春以降にも登場する予定のWindows8タブレットへの対応も検討していきたいとした。

展示されたそのタブレットは全4モデル。大きい順から13.1型、10.1型、7.7型、5.1型となり、この中で新製品となるのは10.1型を除く3モデル。10.1型タブレットは、日本国内で昨年12月に発売したばかりのAT700と同仕様の薄型モデル。近々、米国向けに販売を開始することが決定しているという。

この中でもっとも目を引いたのは有機ELパネルを使った7.7型タブレットだ。発色の良さ、美しさでは群を抜いており、画質でかなりの期待が持てる機種だ。詳細なスペックは発表されていないが、本体サイドにmicroSDカードスロットとミニUSB端子を装備し、カメラも搭載していた。重量は350g以下、厚みも最終的には8mmを切る予定でいるという。発売は2012年の半ばの予定。

5.5型タブレットは、21:9という超ワイドな画面を持っているのが特徴。少し前にあったディスプレイの大きい電話のイメージだ。画面は小さいながら横にすればシネマスコープサイズの映像がきっちりと収まり、2画面表示にも使えそうなサイズだ。横にはマイクらしきものが見え、タブレットというよりスマートフォンに近いような印象を受けた。発売時期は未定。

13型タブレットは、詳細スペックが何も決まっていないというが、ハイビジョン映像が楽しめる解像度を用意する予定らしく、説明員によれば地デジチューナーの内蔵も検討しているという。日本での先行発売になるということだが、厚さは10mm以下、重量1kg以下を目指しているとの説明もあった。発売時期はこのモデルも2012年半ばを予定している。

液晶TVの新製品として出展したのは、55型4Kパネルを用いた裸眼3D対応のグラスレス3Dテレビ。北米向け専用モデルということだが、LEDバックライトをエッジライト型とすることで薄型化を実現。デザイン性を重視する北米向け商品として開発を行ったという。さらに4Kの発売に合わせ、コンテンツの充実を図っていくとした。その他、日本で発売済みのウルトラブック「Porte'ge' Z830」の上位機となりそうな14型モデルの参考出品もあった。

スマートフォンとしても使えそうな5.1型タブレット 13.1型は大画面を活かし、地デジ受信も視野に開発が行われている 東芝の日本向けプレスカンファレンス。昨年に引き続き、同様の対応で開催された 日本で既発売の10.1型タブレット(右下)を含めた新製品が並べられた 2012年度北米市場に投入されるアプリのひとつ「リモートApp」。各機器ごとの詳細な操作画面表示・利用ができる 「メディアガイドApp」。これはグリッド表示をした時のもの。北米のようにケーブルでチャンネル数が多くても一覧できるのが便利 北米向け4K・グラスレス3Dテレビ。会場からは画質を極めた4K専用機の開発を願う声もあがった 原稿13.3型よりも少し大きい14型のウルトラブックを参考出品 詳細なスペックは不明だが、間もなく北米で発売が予定されている3Dビデオカメラ。記録はサイドバイサイドで行われる