フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

フォルクスワーゲンは9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー12において、『ジェッタ・ハイブリッド』を初公開した。

同車はフォルクスワーゲンの米国主力車、『ジェッタセダン』のハイブリッド仕様。すでに大型SUVの『トゥアレグ』にハイブリッドを用意するフォルクスワーゲンだが、トヨタ『プリウス』クラスのハイブリッド最量販ゾーンに、このジェッタ ハイブリッドで切り込む。

ハイブリッドシステムの核となるエンジンは、フォルクスワーゲン自慢のダウンサイジングユニット、直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」。最大出力150ps、最大トルク25.4kgmを引き出す。

モーターは最大出力27ps。二次電池は蓄電容量1.1kWhのリチウムイオンバッテリーで、リアシート後方に配置される。ジェッタ ハイブリッドはEVモードも備え、最大2kmを最高70km/hで、ゼロエミッション走行可能。米国EPA(環境保護局)予想燃費は、複合モードで19.1km/リットルだ。

トランスミッションは、ハイブリッドとの組み合わせとしては世界初となる7速デュアルクラッチ「DSG」。0‐96km/h加速は9秒以下で、フォルクスワーゲンは「コンパクトクラス最速のハイブリッド」と自信を見せる。

このジェッタ ハイブリッド、北米市場では2012年末ごろ発売される予定。フォルクスワーゲンは、競争力のある価格で投入する計画だ。

フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォルクスワーゲン・ジェッタ・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)