フォード・フュージョン・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

フォードモーターは9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー12において、新型『フュージョン』を初公開した。

フュージョンは2005年、同社の米国市場における主力ミドルセダンとして発売。2011年は年間24万8067台を販売し、前年比は13.2%増と伸びた。2011年の米国の乗用車販売ランキングでは、トヨタ『カムリ』、日産『アルティマ』に次ぐ3位につけている。

そんなフュージョンが今回、2世代目に移行。フォードモーターが強調するのが、「クラス最高の燃費性能」だ。

新型フュージョンには、引き続きハイブリッドを用意。直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジンは、排気量を従来の2.5リットルから2.0リットルへ縮小した新開発ユニットに変更された。これにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用する。

米国EPA(環境保護局)予想燃費は、市街地が19.98km/リットル、高速が18.7km/リットル。フォードモーターによると、新型トヨタ『カムリ・ハイブリッド』に対して、市街地が1.7km/リットル、高速が2.1km/リットル優れているという。

フォード・フュージョン・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード、プレスカンファレンスの様子《撮影 宮崎壮人》 フォード、プレスカンファレンスの様子《撮影 宮崎壮人》 フォード・フュージョン・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォード・フュージョン・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォード・フュージョン・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォード・フュージョン・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォード・フュージョン・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12) フォード・フュージョン・ハイブリッド(デトロイトモーターショー12)