アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

クライスラーグループは9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー12において、ダッジブランドの新型コンパクトセダン、『ダート』(DART)を正式発表した。

ダートはダッジブランドにとって、日本にも輸入された『ネオン』以来、久々の小型セダン。その最大の特徴は、クライスラーグループとフィアットの資本提携効果を生かし、クライスラーグループとしては初めて、フィアットの車台を基本に開発された点だ。

ダートの車台は、フィアット傘下のアルファロメオ『ジュリエッタ』がベース。そのボディは、「世界レベルのエアロダイナミクス性能」をテーマに掲げデザインされた。クライスラーグループは、「ダートはアルファロメオのDNAと、ダッジのパフォーマンスやスタイルを追求する姿勢を融合させた画期的なコンパクトセダン」と説明する。

エンジンは、排気量2.0リットルや2.4リットルなど、3種類の直列4気筒ガソリンエンジンを設定。その中では、フィアットの最新ダウンサイジングユニット、1.4リットル「マルチエア」ターボがハイライトだ。

このエンジンは、リッターあたりの出力が100psを超えて最大出力160ps、最大トルク25.4kgmを発生。それでいて、米国EPA(環境保護局)予想燃費は、最低でも40MPG(マイル/ガロン、約17km/リットル)をクリアする環境性能を併せ持つ。トランスミッションは、6速MTと6速デュアルクラッチ「DDCT」。

インテリアは素材を吟味し、上級セダン並みのクオリティを追求。小型セダンでありながら、中型セダンに匹敵する室内空間も確保しており、同社によると、ヒップ&ショルダールームはクラス最高水準にあるという。

またコクピット周辺は、メーターをセンターコンソール最上段の液晶モニターと一体デザイン。8.4インチの液晶モニターは、「Uコネクト」と名付けられたマルチメディアシステムに対応する。

ダートは2012年後半から、米国イリノイ州のベルビディア工場で組み立てられる予定。米国では2013年モデルとして、発売される計画だ。

アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12) アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12) アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12) アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12) アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12) アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12) アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12) アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12) アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12) アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アルファロメオ ジュリエッタの車台をベースに開発されたダッジ ダート(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》