シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

GMのシボレーブランドは9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー12において、コンセプトカーの『コード130R』を初公開した。

コード130Rは、北米の若いユーザーに向けた2ドアクーペのコンセプトカー。シボレーは今回のデトロイトモーターショー12に、2台のコンセプトカーを出品しており、そのいずれもが若者向けのクーペという力の入れようだ。

派手な赤いボディカラーが目を引くコード130Rは、4シーターのFRスポーツクーペ。ボディサイズは、全長4396×全幅1816×全高1390mm、ホイールベース2775mm。米国では、コンパクトカーに分類される大きさだ。

ターボチャージャーで過給される1.4リットル直列4気筒ガソリン「エコテック」エンジンは、最大出力150ps、最大トルク20.4kgmを発生。GMの新世代マイルドハイブリッドシステム、「eAssist」が組み合わせられる。

GMは将来、このコード130Rを2万ドル(約155万円)以下の価格で発売する計画。トヨタ自動車が今回のデトロイトモーターショー12で披露する新型FRスポーツカー、『86』(米国名:サイオン『FR-S』)を意識した1台といえそうだ。

シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12) シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12) シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12) シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12) シボレーの小型FRスポーツカーコンセプト、コード130R(デトロイトモーターショー12)