シボレーMPVコンセプト(デリーモーターショー12)《撮影 三浦和也》

GMは6日、インドで開催中のデリーモーターショー12(デリーオートエキスポ2012)に、シボレー『MPVコンセプト』を出品した。

同車は、今回のデリーモーターショー12で初公開された新型コンパクトカー、シボレー『セイル』とともに、GMと上海汽車の中国合弁、上海GMが開発を主導。MPVコンセプトは将来、インドなどの新興国での発売を計画している。

MPVコンセプトの大きな特徴といえそうなのが、英国ロータスカーズが開発に参画している点だろう。GMのインドテクニカルセンターと共同で、MPVコンセプトのシャシーはチューニングされたという。

ボディサイズは、全長4305×全幅1680×全高1750mm、ホイールベース2720mm。現地ではMPVのBセグメントに属する小型ボディでありながら、3列シートを備え、最大7名または8名乗車を可能にする。エンジンは1.4リットル直列4気筒ガソリンで、最大出力は96ps、最大トルクは13kgm。

GMインディアのローエル・パドック社長は、「MPVコンセプトは広くて快適で、スタイリッシュなMPVを求める顧客に最適なモデル」と語っている。

シボレーMPVコンセプト(デリーモーターショー12) シボレーMPVコンセプト(デリーモーターショー12) シボレーMPVコンセプト(デリーモーターショー12)