日産デチャード工場(資料画像)

日産の米国内工場で2014年より、メルセデスベンツが開発・設計した4気筒エンジンが生産され、インフィニティとメルセデスベンツに搭載される。ダイムラー日産ルノー提携の一環。各社より8日、発表された。

ダイムラーと日産は共同で、日産の米テネシー州デチャードのパワートレイン組立工場において、メルセデスベンツの4気筒ガソリンエンジンを生産する。生産開始は14年を予定し、生産ラインはフル稼働で年産25万台の能力を持つ。デチャード工場では、メルセデスとインフィニティの両モデル向けにエンジンを生産する。

「この計画は、ヨーロッパ域外におけるもっとも重要なプロジェクトだ」と、ルノー日産のカルロス・ゴーンCEOは語る。「現地生産は為替の影響を軽減するいっぽう、北米でのビジネスを急速に展開することができる」。

共同生産は、北米自由貿易域内における初めてのメルセデスベンツ・エンジン生産でもあり、日産工場は戦略的な立地となる。テネシー州デチャード工場製のエンジンはアラバマ州タスカルーサにあるダイムラーの車両組立工場へ供給され、14年から『Cクラス』に搭載される。

日産は1997年に、デチャードでパワートレインの組み立てを開始した。現在4、6、8気筒エンジンを生産し、これらは米国製の日産車、インフィニティ車に搭載されている。工場にはクランクシャフトの鍛造設備、シリンダーブロックの鋳造設備もある。2011年の生産台数は58万台以上。

日産デチャード工場(資料画像) 日産デチャード工場(資料画像) 日産デチャード工場、鍛造設備(資料画像)