トヨタ エティオスのレーシングカー仕様(デリーモーターショー12)

トヨタのインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は5日、インドで開幕したデリーモーターショー12(デリーオートエキスポ2012)において、『エティオス』のレーシングカー仕様を初公開した。

エティオスは、2010年12月に発売。トヨタがインドなどの新興国に向けて開発した戦略コンパクトカーだ。ボディタイプは4ドアセダンと5ドアハッチバックの「リーバ」の2種類があり、2011年のインド国内セールスはトヨタのインド販売の約5割に当たる6万3575台を売り上げた人気車だ。

TKMは今回、エティオスのポテンシャルをアピールする目的で、EMR(エティオス・モーター・レーシング)を設立。インド国内において、ワンメークレースやドライバートレーニングなどの活動を計画している。

今回のデリーモーターショー12では、エティオスのセダンとリーバをベースにしたレーシングカー仕様を初公開。TRDブランドでモータースポーツ車両を開発するトヨタテクノクラフトが、エティオスをレーサーに仕立てた。

その内容は、フロントスポイラー、サイドスカート、オーバーフェンダー、ディフューザー、ルーフスポイラー(リーバ)、大型リアウィング(セダン)などのエアロパーツをはじめ、サスペンションやブレーキなど、足回りを強化。ホワイトをベースに赤をあしらったボディカラーは、鮮烈なイメージを放っている。

トヨタ エティオスのレーシングカー仕様(デリーモーターショー12) トヨタ エティオスのレーシングカー仕様(デリーモーターショー12) トヨタ エティオスのレーシングカー仕様(デリーモーターショー12) トヨタ エティオスのレーシングカー仕様(デリーモーターショー12) トヨタ エティオスのレーシングカー仕様(デリーモーターショー12)