昭和シェル石油は、12月の石油製品の卸価格の改定幅を発表した。

12月のガソリン卸価格の全国平均は前月と比べ、1リットルあたり0.6円引き下げた。原油調達コストは高止まりしているものの、需要低迷による販売競争が激化していることから、卸価格を小幅ながら引き下げた。

一方で、軽油の卸価格は1リットルあたり0.5円引き上げた。灯油は1.0円の引き下げとなった。