ガリバーインターナショナルが発表した2011年3〜11月期(第3四半期)の連結決算によると、営業利益は前年同期比4.8%減の57億1900万円と小幅な減益となった。

売上高は同4.9%減の1033億4500万円と減収だった。ガリバー直営店の小売台数が減少したため。

収益も第3四半期に入ってから中古車オークション相場が反転した影響から、卸売の収益性が一時的に低下し減益となった。経常利益は同2.2%減の57億2700万円だった。

当期純利益は、災害による損失や固定資産除却損などを特別損失に計上。同30.1%減の36億1900万円だった。前年同期に子会社の株式譲渡を行ったことから前年同期の法人税が減少した反動もあった。

通期見通しは前回予想を据え置いた。