DCデザイン社が初公開したスーパーカーコンセプト、アバンティ(デリーモーターショー12)

インドで5日、開幕したデリーモーターショー12(デリーオートエキスポ2012)。会場で熱い視線を集めたのは、地元インドのデザインスタジオ、DCデザイン社が出品した市販前提のスーパーカーコンセプト、『アバンティ』だ。

DCデザイン社は1993年に設立。インド国内で活動する企業に対して、デザイン面での提案を行っている。また、自動車のカスタマイズも手がけており、2010年には日本円で約20万円の超低価格車、タタ『ナノ』に、1000万ルピー(当時のレートで約2000万円)のカスタマイズプランを発表して話題となった。

そんなDCデザイン社が、「初のインド独自開発スーパーカー」と標榜するのが、アバンティ。ボディサイズは、全長4623×全幅1967×全高1213mm、ホイールベース2700mm。最低地上高155mmという低く構えた迫力のフォルムを構築している。

チューブラースペースフレーム構造のボディは、車両重量が1562kg。そのミッドシップにはフォードモーター製がベースの直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」エンジンが収まり、最大出力240ps/5500rpm、最大トルク37.3kgm/3500rpmを引き出す。

トランスミッションは、6速MTが基本で、オプションで6速デュアルクラッチの「MMT6」を設定。パフォーマンスに関しては、「最高速が250km/h(リミッター作動)」とだけアナウンスされた。

DCデザイン社は2013年、アバンティを年間300台レベルで生産に移す計画。現地での価格は、300万ルピー(約440万円)程度と公表されている。

DCデザイン社が初公開したスーパーカーコンセプト、アバンティ(デリーモーターショー12) DCデザイン社が初公開したスーパーカーコンセプト、アバンティ(デリーモーターショー12) DCデザイン社が初公開したスーパーカーコンセプト、アバンティ(デリーモーターショー12)