日本自動車販売協会連合会が発表した2011年のブランド別新車登録台数によると、スズキとレクサス、日野、三菱ふそう、UDトラックスが前年を上回った。

東日本大震災の影響で自動車生産の減産・停止を余儀なくされたことから、特に乗用車ブランドの低迷が目立った。トラックブランドは、ポスト新長期排ガス規制前の駆け込み需要などからいすゞを除いて好調だった。

トヨタは前年比24.9%減と大幅に落ち込んだものの、シェアは42.8%と40%を上回った。

スズキはソリオなどが好調で高い伸び率となった。

1位:トヨタ 115万1075台(24.9%減)
2位:日産 44万5937台(10.7%減)
3位:ホンダ 37万8530台(22.2%減)
4位:マツダ 14万4452台(16.9%減)
5位:スズキ 7万6765台(32.3%増)
6位:スバル 7万3806台(6.7%減)
7位:三菱自動車 5万4951台(19.3%減)
8位:レクサス 4万2365台(27.0%増)
9位:いすゞ 4万2096台(4.4%減)
10位:日野 3万4238台(17.4%増)
11位:三菱ふそう 2万7032台(9.2%増)
12位:UDトラックス 8469台(3.7%増)
13位:ダイハツ 3101台(46.6%減)