ダッジ・ダートのティーザー画像

クライスラーグループのダッジが、9日に米国で開幕するデトロイトモーターショー12で初公開する新型コンパクトセダン、『ダート』(DART)。アルファロメオ『ジュリエッタ』の車台をベースに開発されるダートの燃費性能が5日、明らかになった。

ダートの心臓部には、排気量2.0リットルや2.4リットルなど、3種類の直列4気筒ガソリンエンジンを用意。中でも注目は、フィアットの最新ダウンサイジングユニット、1.4リットル「マルチエア」ターボだ。

クライスラーグループは2011年12月、このマルチエアターボ搭載のダートの燃費テストを、プロトタイプで実施。その結果、米国EPA(環境保護局)予想燃費は、最低でも40MPG(マイル/ガロン、約17km/リットル)をクリアすることが確認できたという。

米国では、「40MPG」が低燃費車のひとつの指標。クライスラーグループとフィアットを率いるセルジオ・マルキオンネCEOは、「フィアットの技術を応用して、米国市場へ燃費性能に優れる新型車を導入する」とコメントしている。

ダッジ・ダートのティーザー画像 ダッジ・ダートのティーザー画像