アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 内田俊一》

2010年のジュネーブショーでデビューしたアルファロメオ『ジュリエッタ』が、日本でも発表された。発売は2月4日より。

そもそもジュリエッタは1954年のトリノショーでデビューした『ジュリエッタ・スプリント』が始まりである。鬼才フランコ・スカリオーネのデザインによる美しいクーペスタイルのボディに、1.3リットルアルミ製エンジンブロック、DOHCヘッドといった、当時最新のレース技術を投入した高性能エンジンが搭載されていた。その後、ベルリーナやスパイダーなど様々なボディが追加投入され、戦後のアルファロメオが量産車メーカーとしての地位を確立したモデルとなった。

今回登場したジュリエッタは、1977年に登場した3BOXセダン以来の3代目となる。そのスタイリングについて、フィアットグループオートモービルズジャパンマーケティング本部プロダクト・マネージャーの海谷博樹さんは、「スポーティさとエレガンスが完全に融合した新しいイタリアンスタイルで、アルファロメオブランドのエモーショナルな価値を改めて具現化したものです」とする。

まず大きな特徴として、海谷さんはフロントマスクを挙げる。「新しくリデザインされた伝統のグリルが、エネルギッシュな個性とエレガントなフォルムを兼ね備えた、このクルマのデザイン全体の起点となっています」という。

フロントとリアのライト周りにはLEDが採用された。これは、「デザイン性を高めただけでなく、アクティブセーフティ性能の向上にも貢献しています。特に、フロントのLEDデイランプに関しては、本社への強い働きかけにより、日本国内でも日中の常時点灯を実現したのです」と安全性向上への努力を語る。

サイドビューは、個性あふれるデザインとし、「クーペモデルのような外観を作り出すサイドウインドウのシルエットや、『147』を想起させるドアハンドルをウインドウフレームに巧みに隠したリアドアなどが、俊敏で逞しい印象を決定づけます」と述べた。

アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 内田俊一》 初代となるアルファロメオ・ジュリエッタスプリント。これはヴェローチェという高性能モデル。《撮影 内田俊一》