インド市場への進出を発表したMINI(デリーモーターショー12)

BMWグループのMINIは5日、インドで開幕したデリーモーターショー12(デリーオートエキスポ2012)に初出展し、インド市場への進出を発表した。

インドでの『MINI』は、プレミアムな小型車ブランドという位置づけ。2012年の導入当初は、「クーパー」、「クーパーS」、「クーパーコンバーチブル」の3車種に加えて、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)の「クーパーS」グレードの合計4車種を発売する。

また、ディーラーネットワークに関しては、デリーやムンバイなどインド国内3か所に、MINIの専売店をオープンする計画。インドでのMINIのベース価格は、249万ルピー(約365万円)と公表された。

BMWグループでMINIブランドを総括するカイ・セグラー副社長は、「世界で最も急成長しているインド市場へMINIを投入する。インドのMINIファンが興奮すると確信している」とコメントした。