中国吉林省の長春工場で組み立てられるアウディA4L

アウディは5日、香港を含めた中国における2011年1〜12月の新車販売結果を明らかにした。総販売台数は、過去最高の31万3036台。前年比は、37%増と伸長した。

31万3036台の内訳は、現地生産分が25万2000台。前年比は29%増だった。とくに『Q5』が5万4260台を販売し、93%の大幅増を達成。中国専用のロングホイールベース車、『A4L』は52%増の8万4508台、『A6L』も11万3232台を売り上げる。

また、欧州からの輸入分は、5万7888台。前年比は89%増と大幅増を記録する。『Q7』が70%増の1万9063台、『A8』のロングホイールベース、『A8L』が153%増の1万2425台。この2車種は、中国が最量販市場となった。

アウディにとっては、いまや中国が世界最大のマーケット。同社のペーター・シュバルツェンバウアー販売担当取締役は、「2011年の結果は、当初予想の28万台を上回るもの。中国プレミアムカー市場は急成長を遂げている」とコメントしている。

アウディA4L