2012年、環境に優しい新型車の開発などに積極的な投資を行うヒュンダイグループ(参考画像)《撮影 三浦和也》

世界市場で勢いを増している韓国のヒュンダイモーター。傘下のキアモーターズを含めたヒュンダイグループが2012年、過去最大の大型投資に踏み切る。

同社の発表によると、ヒュンダイグループは2012年、韓国内外で総額14兆1000億ウォン(約9400億円)の投資を計画。これは前年比で15.6%増に当たり、同社の1年間の投資額としては、過去最大規模になるという。

14兆1000億ウォンの主な内訳は、工場などへの設備投資が前年比18.4%増の9兆ウォン(約6000億円)。研究開発部門にも、10.9%増の5兆1000ウォン(約3400億円)を投資する。

ヒュンダイグループは、研究開発部門への投資の90%を自動車部門に充当。燃費性能が高く、環境に優しい新型車の開発を促進する方針だ。

ヒュンダイ(デリーモーターショー11)《撮影 三浦和也》 ヒュンダイ(デリーモーターショー11)《撮影 三浦和也》