デリーモーターショー12 ホンダ プレスカンファレンスのようす《撮影 土屋篤司》

ホンダは、デリーモーターショー12のプレスカンファレンスで、インド二輪市場において2020年までにシェア30%の獲得を目指すことを明らかにした。

ホンダは2010〜11年のインド二輪市場において販売台数のシェアが13.16%、4位となっている。

2012年以降、インドでの増産体制を強化するホンダは、2012年3月までに年産280万台の能力を確保し、2013年中頃までには年産400万台まで生産能力を伸ばす計画。こうした現地生産能力の強化を継続し、2020年の年間販売1000万台、シェア30%の獲得につなげる。

プレスカンファレンスに登壇した同社の大山龍寛専務は「2020年には、インドの二輪市場が年間販売台数で約3000万台まで拡大しているとみています。ホンダはその3分の1、1000万台を獲得したい」と述べた。また、インドでの増産体制については「2013年中頃に予定している400万台の生産能力をもってしても、フル稼働状態になると思います。継続して技術を進化させ、顧客を獲得していきたい」と話した。

ホンダ 大山龍寛専務《撮影 土屋篤司》 ホンダ 大山龍寛専務《撮影 土屋篤司》 デリーモーターショー12 ホンダ プレスカンファレンスのようす《撮影 土屋篤司》 デリーモーターショー12 ホンダ プレスカンファレンスのようす《撮影 土屋篤司》 デリーモーターショー12 ホンダ プレスカンファレンスのようす《撮影 土屋篤司》 デリーモーターショー12 ホンダ プレスカンファレンスのようす《撮影 土屋篤司》 ホンダ 大山龍寛専務《撮影 土屋篤司》 ホンダ 大山龍寛専務《撮影 土屋篤司》 デリーモーターショー12 ホンダ プレスカンファレンスのようす《撮影 土屋篤司》 デリーモーターショー12 ホンダ プレスカンファレンスのようす《撮影 土屋篤司》 デリーモーターショー12 ホンダ プレスカンファレンスのようす《撮影 土屋篤司》