アルファロメオ・ジュリエッタ新型《撮影 小松哲也》

フィアットグループオートモービルズジャパンは2月4日から日本で販売を開始するアルファロメオ新型『ジュリエッタ』について、年間3000台以上の販売を見込んでいる。

フィアットジャパンマーケティング本部の海谷博樹プロダクト・マネージャーが5日、都内で開いた新型ジュリエッタの発表会で一部報道陣に対し、明らかにした。

海谷氏によると、ジュリエッタが属するCセグメントモデルでは、アルファロメオの『147』が日本で2002年に4888台販売され、輸入車Cセグメントシェアで9%を記録したという。このため海谷氏はジュリエッタの販売に関して「過去のシェア9%は少なくともクリアしたい」と述べた。

海谷氏は2012年の輸入車Cセグメント市場について「3万6000台から3万8000台」と想定しており、ジュリエッタの初年度販売は「3000台はミニマム」とした上で、「オーダーは十分なものをかけている」ことを明らかにした。

アルファロメオ・ジュリエッタ新型《撮影 小松哲也》 フィアットジャパンのプロダクト・マネージャー、海谷博樹氏《撮影 小松哲也》 フィアットジャパンのプロダクト・マネージャー、海谷博樹氏《撮影 高木啓》 アルファロメオ・ジュリエッタ新型《撮影 高木啓》 アルファロメオ・ジュリエッタ新型《撮影 高木啓》