グーグルに納車されたフォーカス・エレクトリック

フォードモーターが2011年12月半ば、米国で生産を開始した同社初の市販EV、『フォーカス・エレクトリック』。その第1号車が、グーグル(Google)に納車されたことが分かった。

これは4日、フォードモーターが明らかにしたもの。同社の発表によると2011年末、フォーカス・エレクトリックの量産第1号車がグーグルに引き渡されたという。

フォーカス・エレクトリックは、5ドアハッチバックの『フォーカス』をベースに開発されたEV。モーターは最大出力123ps、最大トルク25kgmを発生。二次電池は、蓄電容量23kWhのリチウムイオンバッテリーで、最高速は136km/h、1回の充電で最大約160kmを走行できる。

フォードモーターがアピールするのが、充電時間の短さ。フォーカス・エレクトリックには、240Vの家庭用急速チャージャーを用意。フォードモーターによると、充電時間は日産『リーフ』の約半分の3時間程度で済むとのことだ。