損害保険ジャパンは4日、中国の現地企業向けに開発した海外旅行保険『逸行全球』の販売を1月から現地法人の損保ジャパン中国を通じて始めると発表した。

逸行全球は一般的な補償に加えて、従業員が海外出張中に医療施設の紹介や医療通訳サービス、医療機関でのキャッシュレスサービスなどのアシスタンスサービスを世界各地で24時間受けられるのが特徴。

また損保ジャパンは、損保ジャパン中国が北京支店の設立認可を当局から得たことも合わせて発表した。これを受け、1月中に北京支店の営業を開始する。これにより損保ジャパンは中国の5地域で営業を展開することになるとしている。