オートバックスセブンは、一部店舗で導入していた板金・塗装サービスをオートバックス店舗全499店舗に拡大したと発表した。

国内の自動車市場の大きな成長が見込めない中、同社グループは主力事業であるカー用品販売・取付に加え、車検・整備や自動車販売・買取にも注力して販路の拡大を図っている。板金・塗装も全店で取り組み、事業の拡大を図る。

店舗内で高度な板金・塗装作業を実施できる一部の店舗に加え、独自の受付・見積もりシステム「オートバックスクイックリペア」の導入を推進するとともに、一部の店舗では提携工場に見積もりや作業を依頼することにより、全店で板金・塗装サービスを提供する。

オートバックスクイックリペアでは、キズ・ヘコミ修理を対象としており、損傷範囲を測る独自のスケール、塗装基準を使用することにより、約5分程度で見積もりを提示することが可能。また、統一の見積もり方法により、高い精度の見積もりを行うと、している。