山岡賢次国家公安委員長《撮影 中島みなみ》

2011年中の全国交通事故死者数を警察庁がまとめた。発生から24時間以内に亡くなった事故死者数は4611人。前年より252人減少し、01年以来、11年連続の減少となった。

1日の死者数が最も多かったのは12月29日(木曜日)の26人。反対に最も少なかったのは1月15日(土曜日)の3人だった。1日の平均死者数は12.63人だった。月別で11年と10年と比較すると、1月、5〜9月、12月で前年比の死者数を下回った。

年齢構成でほぼ半数を占める65歳以上高齢者の死者数では、前年比で2450人から2262人に188人減少した。また、重大事故につながる飲酒事故死者数も前年比で287人から267人に20人減少した。

直近で死者数が4000人台に減少したのは09年、1952年以来67年ぶりのことだった。以来3年連続で4000人台を保っている。この減少傾向を維持しながら、政府は15年に交通事故死者数を3000人以下、死傷者数70万人以下に抑える目標を掲げている。

山岡賢次国家公安委員長は4日、コメントを発表。「交通事故のない安全で快適な交通社会を実現することは、国民すべての願いであり、政府の重要な課題である」とし、「『世界一安全な道路交通を実現する』という第9次交通安全基本計画の達成に向け、交通事故死者のさらなる減少に取り組んでいく」と、述べた。