インドのDCデザイン社がデリーモーターショー12で初公開するスーパーカーコンセプト

2012年の最初の国際モーターショーとして、インドで5日に開幕するデリーモーターショー12(デリーオートエキスポ2012)。同ショーにおいて、地元インドのデザインスタジオが、市販前提のスーパーカーコンセプトを初公開する。

これはインドに本拠を置くデザインスタジオ、DCデザイン社が明らかにしているもの。同社は1993年に設立。インド国内で活動する企業に対して、デザイン面での提案を行っている。また、自動車のカスタマイズも手がけており、2010年には日本円で約20万円の超低価格車、タタ『ナノ』に、1000万ルピー(当時のレートで約2000万円)のカスタマイズプランを発表して話題を集めた。

そんなDCデザイン社が、デリーモーターショー12にスーパーカーコンセプトを出品。現時点では、車名を含めて詳細は公表されておらず、ティーザーイメージが1点公開されているだけだ。この画像からは、非常にアグレッシブなボディラインが確認できる。