ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》

4人乗車が前提のグランドツアラーだけを作り続けてきたベントレー。新型の『コンチネンタルGTC』といえどもこの快適性を犠牲にすることはないという。

「新しくデザインされたフロントシートのリリースレバーと、軽量化されたシートのおかげでフロントシートはスムーズに軽い力で倒れ、後席へのアクセスが容易になりました」とはベントレージャパンマーケティングPRマネージャーの横倉典さん。フロントシートのモーターも高速化され、前後動も素早くなった。また、シートバックの形状も変更され、後席のレッグスペースは35mmほど拡大した。

普段ユーザーに乗ってもらうための実用性も見直された。「取り外して持ち運べるリムーバブルグラスケースや、寒い日でも首を温めることが出来るネックウォーマーなど。そして、多くのユーザーから要望のあった小物入れが拡充されました」(横溝さん)。

これら、目に見える装備品の拡充にとどまらず、目に見えない部分にも手が入れられた。「快適で洗練された走りには必要なので、サイドシルの剛性を強化しました。これによりコンバーチブルとしては非常に強固な2万2500NMというねじり剛性を実現し、スカットルシェイクも減少しています」とする。

室内の静粛性については、「洗練された室内空間を実現するために、防音性の高いアコースティックホイールアーチライナー、フロントアコースティックアンダーシートを採用し、ボディ下から発生するロードノイズやタイヤノイズの侵入を大幅に減少しました。防音素材がラミネートされているアコースティックガラスをフロントとサイドに採用し、クーペレベルの洗練された室内空間を実現しました」と語った。

ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》