トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。

トヨタ自動車が発売したハイブリッドカー『アクア(AQUA)』の車両重量は1050kg、開発を担当したトヨタ自動車の田中誠氏は「軽量化には特に力を入れました」と胸をはる。ホンダ『フィットハイブリッド』の車両重量1130kgと比べ、軽量なハイブリッドカーに仕上がった。

アクアの車両重量1050kgは、『ヴィッツ』(970〜1080kg)でいうと、4WDモデルより軽量なレベルに仕上げられている。一方、フィットハイブリッドの1130kgも、ガソリンモデルの車両重量(990〜1140kg)では、4WDモデルと同等のレベル。

パッケージングの違いがあるので単純に比較することはできないが、シンプルな構造となるホンダのハイブリッドのほうが軽量コンパクトである、との従来の認識を改めさせられる。

田中氏は「アクアは、5ナンバーサイズの車幅なので、プリウスのユニットはそのまま入りません。THSを今の知見でコンパクトカーにどこまで最適化できるのかというのが今回の開発のテーマです。エンジン、モーター、インバーター、バッテリーなどをすべて新設計しております」という。

「軽量化といっても、“手の届く価格”という観点から、アルミを使ったり、材料置換にお金をかけたりといったことはありません。THSをこの車で必要となる性能に見直し、ベアリングの大きさから、バッテリーの容量までも、この車で一番効率のいいところを目指して最適化しています」

「また、“ハイブリッドだから我慢する”ということのないよう、トランクスペースなどを犠牲にすることなく、ユーザーはユニットがどこにあるということを気にしなくていいものに仕上がったと思います」と、田中氏は開発のポイントを述べた。

トヨタ社内では、既にあるものを組み合わせて開発を進めたらどうか、といった議論もあったようだが、田中氏は「やっぱり、新しい技術を入れた方が燃費もいいですし、東北で生産されることを考えると、今はやってよかったと思っています。このアクアが東北の復興へすこしでも役に立てたらいい」と、アクアの成功への期待を語った。

トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。 トヨタ アクア は、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)をコンパクトカーに最適化することで、JC08モード燃費35.4km/リットルを達成した。