現行アウディR8

アウディのフラッグシップスポーツカー、『R8』。2006年のデビューから5年を経て、次期モデルに関する情報も聞こえてきている。

19日、英国の自動車メディア、『car』が伝えたところによると、次期R8には現行のアルミ素材のみで構成したアウディASFとは異なり、カーボンファイバーなどの素材を導入。トータル100kgに渡る軽量化を追求するという。

エンジンに関しては、現行の5.2リットルV型10気筒自然吸気ユニットに加えて、アウディ『S6』『S7』『S8』やベントレー『コンチネンタルGT V8』に搭載された4.0リットルV型8気筒ツインターボを用意。最大出力はV10の550psを上回り、600psクラスを実現するという。

次期R8は、2014年に登場する見込み。同メディアは「2012年には、現行型のフェイスリフトが行われるだろう」とレポートしている。

次期アウディR8に関する情報を伝えた英『car』