キャデラック・エスカレードの2012年モデルに施される5つの新盗難防止対策

全米で最も盗難の被害に遭う確率が高いのが、GMの高級車ブランド、キャデラックの大型SUV、『エスカレード』。GMは2012年モデルで、さらなる盗難防止対策の強化に乗り出した。

これは29日、GMが明らかにしたもの。2012年モデルのエスカレードには、新たに5つの盗難防止対策が施される。

まずは、「PASS Key 3+」と呼ばれるメインキー。これはキーとキーシリンダー、イグニッションとの間で、暗号をやり取りしないとエンジンが始動しない仕組みだ。

また、「ステアリングコラムロックシステム」を改良。牽引や車両を押しての盗難を防ぐ。さらに、ガラスを割るなど車両に与えられた衝撃を感知してアラームを鳴らす「ショックセンサー」、車両の傾きを検知してアラームを発する「インクリネーションセンサー」、ホイールとタイヤの盗難を防ぐ「ホイールロックシステム」が用意された。

GMの車載テレマティクス、「オンスター」との連携も継続。盗難車の位置をGPSで確認し、オペレーターが警察へ連絡。遠隔操作により、エンジンを停止する機能もある。

米国IIHS(道路保険安全協会)の関連団体、HLDIが2011年8月に公表したデータによると、2008〜10年モデルの全米盗難率はエスカレードがトップ。100台に1台以上が盗難の被害に遭っており、全米平均の6倍を上回る盗難率となっている。

キャデラック・エスカレード