2011年夏に発売された新型トヨタ カムリ(参考画像)

中国に抜かれたものの、依然として世界第2位の新車販売台数を誇る米国。その米国の2012年新車販売予測を、アナリストがまとめた。

これは26日、『オートモーティブニュース』が報じたもの。同メディアがモルガンスタンレーやLMCオートモーティブなど11名のアナリストに、米国の2012年新車販売予測を取材。その結果、「2012年の米国新車販売台数は、2011年見込みに対して、6〜7%増の1360万台程度。最大で1400万台になるだろう」と伝えたのだ。

アナリストが楽観的な予想をしている要因は、失業率の改善、クレジット市場の回復、人口増加による代替需要の発生など。2012年の初頭は販売は停滞ぎみだが、後半にかけて伸びるとの見方が多い。

2011年の米国新車販売台数は、1270万〜1280万台レベルとなる見込み。「各社の積極的な新型車投入も、2012年の成長を後押しするだろう」と同メディアはレポートしている。

2012年の米国新車販売台数を1360万台程度と予想した『オートモーティブニュース』