アイシン精機、インドの事業体制を強化。

アイシン精機は、インドでの事業拡大をねらいに北部のハリヤナ州と南部のカルナタカ州に新会社を設立したと発表した。

同社は、インドで1999年から車体系部品を生産している。

今回、インド北部での生産基盤整備に加え、インド市場のニーズを捉え、市場にマッチした製品を迅速に提案していくため、営業・設計などの機能を持つ新会社「アイシン・オートモーティブ・ハリヤナ」を首都ニューデリー近郊に設立した。新会社の資本金は7億1000万ルピー(約10億円)。

また、南部のバンガロール市近郊にも営業・設計などの機能を持つ自動車部品製造会社「アイシン・オートモーティブ・カルナタカ」を設立した。資本金は3億1000万ルピー(約4億6000万円)。今後、既存の生産会社アイシン・NTTFと併せ現地での生産工程を拡大して生産体制を強化する。

アイシングループは今後、成長著しいインド市場で、現地での生産品目拡大と生産能力強化を図り、現地自動車メーカーへの供給体制を構築する方針だ。