京セラは、車載用液晶ディスプレイ大手のオプトレックスを買収すると発表した。

京セラは、日本産業パートナーズが運営する投資事業有限責任組合ら4社と株式譲渡契約を締結し、オプトレックスの全株式を取得する。子会社化は2012年2月1日に実施する予定。

オプトレックスは、車載用液晶ディスプレイで高い技術力と国内外に強固な顧客基盤を持つ。京セラは、事業展開している産業機器用途に加え、オプトレックスの買収が車載用途での製品力の強化と事業の拡大につながると判断した。

オプトレックスはタッチパネル事業で高い生産技術を持つことから、両社の持つ生産技術と顧客基盤などの経営資源を有効活用し、タッチパネル事業を強化する。