ドイツ・ネッカースウルム工場でハイブリッド車の出荷前最終検査を行うアウディの技術者

アウディは27日、2012年から2016年までの5年間に、総額130億ユーロ(約1兆3200億円)の大型投資を行うと発表した。

今回の投資は、新型車や新技術の開発、工場の拡張が目的。全投資額の約6割に当たる80億ユーロ(約8140億円)を、ドイツ国内の2工場、インゴルシュタットとネッカースウルムに投資する。

また、2012年の1年間で、約1200名の技術者を雇用し、ドイツ国内の研究施設などに配属する計画も発表。アウディは2011年、約3500名の新規/中途採用を行っており、2012年も引き続き人材の強化を図る方針だ。

同社のトーマス・シギ取締役は、「アウディは世界規模での力強い成長を目指す。とくに、軽量な車体構造と電動化技術が重要項目だ」と語っている。

アウディA8ハイブリッド