トヨタ・アクア《撮影 内田俊一》

トヨタからコンパクトハイブリッド『アクア(AQUA)』が発売された。そのデザインは先進性と楽しさを表現しようとした。

「単純に『プリウス』の延長上のハイブリッドというだけではなく、コンパクトカーユーザーが、楽しく使えるということを一番のデザインコンセプトにしたくて“eco FUN”としました」と語るのはデザイン本部トヨタデザイン部第1デザイン室長の池田亮さん。

プリウスはハイブリッドカーということで、先進的なイメージを持たれるようにデザインされた。しかし、現在のように普及してくると一般的な目にもこの先進的なデザインが標準とされるようになった。そこでアクアは「ただ単にその先端をこれから狙い続けるというのではなく、ハイブリッドでも、その先端プラスアルファを出していきたい。そこで、このコンパクトに合ったものはFUNではないかと考え、ecoとFUNをしっかり両立していこうとしたのです」(池田さん)。

また、「これまでもコンパクトカーは、きびきび走るということを表現してきましたが、アクアは特に、キャビンやボディの絞りにすごく気を使いました。そして、タイヤが四隅に張り出して、真ん中(キャビン)が、ひとつの塊、ワンモーションに見えるようにデザインしています」という。

これを池田さんは“凝縮感”と呼んでいる。「つまり、コンパクトのひとつの塊がギュッと詰まったものに、タイヤがぽんぽんと4つ付いているイメージです。ここからきびきび走るような、そして運転する楽しさ(FUN)を感じてもらえるのでは」と思いを語った。

トヨタ・アクア《撮影 池田忍》 トヨタ・アクア《撮影 池田忍》 トヨタ・アクア《撮影 池田忍》 トヨタ・アクア《撮影 池田忍》 トヨタ・プリウス