アクア《撮影 内田千鶴子》

トヨタ自動車は26日、楽しさと世界トップクラスの低燃費を併せ持つ、コンパクトクラスのハイブリッドカー、『アクア』の販売を開始した。

製品企画本部チーフエンジニアの小木曽聡氏は、初代『プリウス』を皮切りに、様々なハイブリッドカーの開発に携わってきた。また、未来を少しでも良い方向へ変えたいという思いで、自動車メーカーとしてできることを常に考え、実行してきたという。

そしてアクアについて、「ハイブリッドカーにおける新しい領域への挑戦です。トヨタ初のコンパクトハイブリッドを提供することで、ハイブリッドカーをどれだけ身近なものにできるかということなのです。つまり、未来のスタンダードとなる、次の10年を見据えたコンパクトカーとして開発しました」と述懐する。

デザインは、「エコカーを前向きにアクティブに使う時代にふさわしく、先進機能を楽しく大胆にデザインする“eco FUN”がテーマです」(小木曽氏)。

エクステリアは、「コンパクトで張りのある凝縮感と、きびきびとした走りを感じさせるデザイン」とし、インテリアは、「アイコニックでユニークなデザインに、アクセントカラーを効かせた、毎日を生き生きと彩るデザインを実現しました。まさに、先進性を楽しさで包むようなデザインとなっているのが特徴」とする。

さらに、徹底的に煮詰めたというパッケージに関しては、「前席はもちろん後席もゆとりの居住性を実現しています。低くスタイリッシュなデザインながらも、様々な工夫を凝らし、ヘッドクリアランスもしっかり確保しました」。

また、荷室空間も妥協せず、容量305リットルとクラストップレベルのラゲッジスペースを実現。「長く乗ってもらえるよう、生活の変化に対応できる広いラゲッジスペースとなっています」と語った。

トヨタの新型ハイブリッド アクア(26日発表)《撮影 池田忍》 トヨタ・アクア《撮影 池田忍》 トヨタ・アクア《撮影 内田千鶴子》 トヨタ・アクア《撮影 内田千鶴子》 トヨタ アクア《撮影 池田忍》