タカタは12月26日、BAEシステムズとの間で、BAEグループで米国にあるBAEシステムズ・セーフティ・プロダクツと、ドイツにあるSchrothセーフティ・プロダクツを総額約3200万米ドルで買収することに合意したと発表した。

タカタが買収する予定の2社は、主に航空機、レーシングカーなどの乗員安全装置を開発、製造している。タカタは2社を買収することで、乗用車以外の安全分野でのビジネスの拡大を目指し、業容の拡大を図る。

買収は、関係当局の承認などを経て、今期中の完了を予定している。