日本ピストンリングは12月26日、中国江蘇省の連結子会社である日環汽車零部件製造(儀征)と日塞環汽車零部件製造(鎮江)を2012年3月31日に合併すると発表した。

両社はともに日本ピストンリングが100%出資する中国の連結子会社で、合併により顧客サービスを強化するとともに、経営の効率化を図るのが目的。

ピストンリングやバルブシート、ライナなどを製造する日環汽車零部件製造(儀征)が存続会社で、バルブシートを製造している日塞環汽車零部件製造(鎮江)を吸収合併される。