トヨタ・アクア発表会≪撮影 小松哲也≫

トヨタ自動車が26日に発売した新型ハイブリッド『アクア』の販売価格は169万〜185万円。アクアのチーフエンジニアを務める小木曽聡氏は「原価低減するのに3つの切り口がある」と明かす。

そのひとつが「新しい技術をしっかり入れて、軽量コンパクトで性能を出すという構造を編み出した」とした上で、「モーターは新しい構造をつくった。小さくしたのでモーターの銅の量が減り、原価低減できた」という。

2つめは「やはり量産の効果。トヨタはこれまでにハイブリッド車を累計350万台位造っていて、今後は年間100万台のハイブリッドの生産を目指している。そうすることで量産効果をしっかりとれる」。

そして最後が「ボディ骨格から色んなものに至るまで軽量化に取り組んだ。アクアは一番軽いグレードで1050kgと、ガソリン車とあまり変わらない。量産グレードでも1080kg。プリウスに対して250kg〜300kg位軽い。軽いことでモーターをコンパクトに造れる。性能を落とさないで燃費を良くできる。大きくはその3つの組み合わせで、それぞれに色んな技術が盛り込まれている」と解説した。

トヨタ・アクア≪撮影 小松哲也≫ 小木曽聡チーフエンジニア≪撮影 小松哲也≫ トヨタ・アクア発表会《撮影 池田忍》 トヨタ・アクア発表会《撮影 池田忍》 トヨタ・アクア発表会《撮影 池田忍》